ブログの説明

暮らしに活用でき、家族や仲間で楽しめる、”ネット用語集”を目指しています。 もし、?の用語があったら”ブログ内の検索”を活用下さい。


2016年9月29日木曜日

セキュリティソフトとの付き合い方


セキュリティソフトはパソコンやスマホの安全を影で支えるソフトです。決して表には出てこないので、なかなか存在が分かりづらく、うまく活用しないと、こんなはずじゃなかった!期待を裏切られた!と考えがちです。

以下に、セキュリティソフトとの付き合い方を紹介しますので、うまく付き合ってください。

特に、(1)は最も重要です。最新のウイルス情報を記憶する、ウイルス定義ファイル(ウイルスパターンファイル)を定期的に更新しないと意味がありません。通常、セキュリティソフト会社は、ウイルス定義ファイルを一日数回更新しています。

また、(2)も重要です。セキュリティソフトの使用期限が切れたら、ソフトの効果が低下しますので、すぐに更新ライセンスを購入して下さい。

 (1) 「ウイルス定義ファイル(ウイルスパターンファイル)」を定期更新。

定義ファイルにはウイルス・スパイウェアのパターンを持っていますので、もし、更新しないと、新しい危険を検出できないので必ず更新しましょう。

(2) セキュリティソフトの使用期限が切れたらすぐにライセンスを購入。

使用期限が切れたらウイルス定義ファイルがインストールされなかったり、機能が制限されるので、インストールされていてもほとんど意味がない状態になります。
継続して利用する場合は、“更新”としてライセンスを購入下さい(又は、新規に購入してもOKです)いと、新しい危険を検出できないので必ず更新しましょう。

(3) ウイルススキャンを定期的に実行。

ひそかにウイルスがパソコンに入るこむことがあります。定期的(数ヶ月に1回程度)に、セキュリティソフトでウイルススキャンを実行しましょう。

(4) パソコンに2つ以上のセキュリティソフトは不可。

2つ以上のセキュリティソフトを使用すると、パソコンが不具合を起こす可能性があります。新しいセキュリティソフトをインストールする場合は、まずは、使っているセキュリティソフトをアンインストールしてください。

(5) プリインストールのセキュリティソフトは体験版で期間限定。

試用期限が切れると、新しく出現する危険を検出できません。期間が過ぎる前にライセンスを購入するか、新しいセキュリティソフトに変更しましょう。

(6) セキュリティソフトを使ってパソコンの動作が遅くなっても多少は我慢。
多少は”安全のためには必要なもの”と考え、我慢しましょう。但し、我慢の限度を超えた場合は、他のソフトを検討しましょう。

(7) セキュリティソフトの変更時は余裕を持って。

セキュリティソフトを変更することは意外に時間がかかりますので、余裕のあるときに実施しましょう。
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿